「最低賃金上昇ならリストラ検討」は1割 内閣府中小企業調査|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

お知らせ

「最低賃金上昇ならリストラ検討」は1割 内閣府中小企業調査

お知らせ2021.05.14

 

内閣府が全国の中小企業に実施した経営意識調査

 

.

賃金相場が上昇した場合の対応を業種別に尋ねた結果

 

「人件費以外の経費削減」

「業務効率改善での収益力向上」

「新たな製品やサービスの開発」

 

を検討すると回答した割合はいずれも3割超

 

.

「正規雇用者の削減」8%

「非正規雇用者の削減」8%

 

.

賃金相場が上昇した場合、

 

従業員のリストラを検討する

 

という企業が約1割

 

.

内閣府の担当者は

 

「最低賃金が上がると雇用が減るという指摘もあるが、雇用に手をつけるのは最後だと思っている会社が多い」

 

と楽観視しているようですが、

 

果たして、この数値が実態を正しく表しているのでしょうかσ( ̄^ ̄)?

 

.

こういったアンケート調査では、

 

往々にして 優良な企業だけが回答する

 

といった傾向があるので、

 

実態とはかなりかけ離れた数字が出ている

 

ものと思われます。

 

 

.

https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/business/mainichi-20210513k0000m020343000c.html

 

 

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ