「大した成績を残さず、あーあって感じ」と表彰 青森の会社員自殺 パワハラで提訴 ハシモトホーム社長「不調の原因かは疑問」|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

お知らせ

「大した成績を残さず、あーあって感じ」と表彰 青森の会社員自殺 パワハラで提訴 ハシモトホーム社長「不調の原因かは疑問」

お知らせ2022.06.23

「パワーハラスメント」の定義は、

 

“優越的な関係に基づいて”、“業務の適正な範囲を超えて”、“身体的若しくは精神的な苦痛を与えること、又は就業環境を害すること”

 

とされています。

 

 

「ハシモトホーム」のケースは、誰がどう見ても明らかなパワハラ行為です。

 

この状況を周りで見ていた従業員が誰も問題視しないということは、社内風土として定着していたのかもしれませんね。

 

会社側の「表彰の一環」であるとか、橋本社長の「不調の原因かは疑問」との発言には、まったく驚くばかりΣ(・□・;)

 

 

今朝のモーニングショーでコメンテーターの玉川徹氏が、「傷害致死とも思える行為」とコメントしていましたが、まさにそう感じられる極めて悪質なハラスメント行為でしょう。

 

 

提訴前の交渉では、会社側はまったく非を認めていなかったとのことですが、今後の裁判の中で会社側からどのような対応がなされるか?

 

今後の裁判の行方が注視されます。

 

 

https://www.tokyo-np.co.jp/article/184928

 

 

 

 

 

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ