雇調金の不正受給、総額256.5億円 回収は173億円どまり|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

お知らせ

雇調金の不正受給、総額256.5億円 回収は173億円どまり

お知らせ2023.05.01

総額6兆3,500億円もの雇調金の受給があって、たったの256億円しか不正受給がないということはあり得ません。

 

今後どこまで当局の調査が進むか分かりませんが、恐らくこの何倍もの不正受給があるものと思われます。

 

雇用調整助成金のために、潤沢だった雇用保険財政が一気に枯渇してしまいました。

 

徹底的な調査で、少しでも多くの不正受給額を回収して欲しいものですね。

 

 

***********************************************

毎日新聞:

 

新型コロナウイルス下で助成額を引き上げた「雇用調整助成金(雇調金)」の特例措置を巡り、厚生労働省は28日、3月末までに累計1524件の不正受給があったと明らかにした。不正受給の総額は計256億5000万円に上り、回収できたのは173億円にとどまる。特例措置は3月末に終了したが、回収や不正受給の取り締まりは続ける。

 

雇調金は、企業が従業員を休ませた時に支払われる助成金。コロナ下の雇用を下支えするため、迅速に支給しようと申請手続きを簡素化したところ、不正受給が相次いだ。特例措置の支給総額は3月末時点で約6兆3507億円に膨れあがり、雇用保険財政の悪化を招いた。厚労省は今年度、特例措置の効果を検証するため、独立行政法人「労働政策研究・研修機構」に分析を依頼し、労働政策審議会で議論する。

 

https://mainichi.jp/articles/20230428/k00/00m/040/203000c

 

 

 

 

 

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ