後藤厚生労働大臣会見概要(令和3年12月7日)|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

お知らせ

後藤厚生労働大臣会見概要(令和3年12月7日)

お知らせ2021.12.08

閣議報告:

・今年の夏の感染拡大を踏まえて都道府県が策定した保健・医療提供体制確保計画

 

.

記者質疑:

・岸田首相が所信表明で言及したワクチンの前倒しについて

・ファイザーのワクチンの在庫の規模や地域差、在庫がゼロの自治体があったかどうか?

・ファイザー社とモデルナ社のそれぞれの社から具体的にどれぐらいの量が国内に入ってくるのか?

・3回目接種について、8か月の原則というのは変えない、つまり特例措置を拡大するというような方針なのか?

・モデルナの在庫について、1、2回目用に輸入したモデルナを3回目接種に転用できる在庫量は?

・第5波で課題になった人材確保はどのように目途を立てたのか?

・ワクチンや治療薬の効果が前提になっているが、オミクロン株が確認される中、医療提供体制は十分だと言えるか?

・どのように人材確保に至ったか、どのような目標があって人材確保に至ったか?

・オミクロン株による拡大が懸念される中で医療体制として十分なものと考えているか?

・モデルナのワクチンの3回目接種分の購入について、5千万回分の購入予定ということは今、薬事承認を待っている分が5千万回分ということか?

・政府が高齢者施設等に配る布マスクの状況について、その検討状況等は?

・災害用の備蓄となると来年度も保管費用がかかってくるということか?

 

.

https://www.mhlw.go.jp/stf/kaiken/daijin/0000194708_00401.html

 

 

 

 

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ