「在籍型出向」支援制度 約2か月で1700人余が利用|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

コラム

「在籍型出向」支援制度 約2か月で1700人余が利用

コラム2021.04.30

業績が悪化した企業の従業員が人手が足りない別の企業で働く「在籍型出向」を支援する「産業雇用安定助成金」

.

出向させた企業と受け入れた企業の双方に賃金などの一部を助成する助成金制度です。

.

2月5日に制度が創設されてから、約2ヶ月で1700人余が利用したとのこと。

.

従業員を出向させた企業の業種は、

▽「運輸業・郵便業」が685人(38.9%)

▽「製造業」が494人(28.1%)

▽「宿泊業、飲食サービス業」が194人(11%)

.

一方で従業員を受け入れた企業は

▽「製造業」が586人

▽「サービス業」が270人

...となっています。

.

コロナ禍で業績が好調な企業と悪化した企業の差が出ていて在籍型出向のニーズは高まっているものの、一方で出向する従業員からすると、労働条件の違いもあり、異なる業種への不安もあったりと、いろいろな問題も見受けられます。

.

コロナが終息し、景気回復した時に備えて経験のある従業員をつなぎ止めておくためにも、積極的に活用されるといいのですが ...

 

.

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210429/k10013004721000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

 

 

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ