「過労死」訴え大阪の化学メーカー提訴、44歳男性の遺族|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

お知らせ

「過労死」訴え大阪の化学メーカー提訴、44歳男性の遺族

お知らせ2021.04.07

 ジャスダック上場の化学メーカー「永大化工」(大阪市平野区)に勤務していた男性=当時(44)=が、くも膜下出血を発症して死亡したのは過重労働が原因だったとして、男性の遺族が5日、同社や当時の上司らに約1億円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

.

訴状によると、男性は当時、奈良事業本部(奈良県香芝市)で品質保証室長として勤務。平成30年3月ごろにベトナム工場で発生した製品不具合のクレーム対応などに追われ、翌4月にくも膜下出血で倒れて死亡した。その後、葛城労働基準監督署(同県大和高田市)が労災認定した。

.

遺族側は、死亡直前の2カ月間の時間外労働は少なくとも、過労死ラインとされる月80時間を超えていたと指摘。従業員の安全に配慮する義務を同社側が怠ったと主張している。

.

同社は「訴状を確認していないので現時点でコメントできない」としている。

.

https://www.sankei.com/affairs/news/210405/afr2104050006-n1.html

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ