令和3年度の雇用保険率について|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

新着情報

令和3年度の雇用保険率について

新着情報2021.02.17

 2月12日の官報にて、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律の規定に基づき雇用保険率を変更する件(令和3年厚生労働省告示第40号)」が公布されました。

.
令和3年度の雇用保険率は、9/1000です(注)。
 (注)農林水産業および清酒製造業は 11/1000、建設業は 12/1000
.
内訳は、被保険者負担分が1000分の3、事業主負担分が1000分の6となります。
.
厚生労働省パンフレット:
000739455.pdf (mhlw.go.jp)
.
なお、令和3年度の雇用保険率には、昨年の雇用保険法改正により2年間(令和2年度~3年度)に限り、雇用保険料率および国庫負担の引下げ措置が講じられています。
.
具体的には、失業等給付に係る雇用保険料率は原則の8/1000(労使折半)から6/1000に、雇用保険二事業に係る雇用保険料率は原則の3.5/1000(事業主負担)から3/1000に引き下げられています。
.
詳細は、下記リンク先にてご確認ください。
  • 雇用保険率 被保険者負担 事業主負担 失業等給付 雇用保険二事業
.
労働保険の保険料の徴収等に関する法律の規定に基づき雇用保険率を変更する件(厚生労働省告示第40号)
https://kanpou.npb.go.jp/20210212/20210212h00431/20210212h004310006f.html
第159回労働政策審議会職業安定分科会資料
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_030127159_001.html

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ