「労働保険徴収法第12条第3項の適用事業主の不服の取扱いに関する検討会」報告書公表|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

お知らせ

「労働保険徴収法第12条第3項の適用事業主の不服の取扱いに関する検討会」報告書公表

お知らせ2022.12.14

厚生労働省は本日、「労働保険徴収法第12条第3項の適用事業主の不服の取扱いに関する検討会」(座長:東京大学大学院法学政治学研究科教授)の報告書を公表します。

この検討会は、労災保険給付を生活の基盤とする被災労働者等の法的地位の安定性についての十分な配慮を前提として、メリット制の適用を受ける事業主が労働保険料認定決定に不服を持つ場合の対応を検討するためのものです。

 

今回の報告書では、以下のように取扱うことが適当であることが取りまとめられました。

(1)労災保険給付支給決定に関して、事業主には不服申立適格等を認めるべきではない。

(2)事業主が労働保険料認定決定に不服を持つ場合の対応として、当該決定の不服申立等に関して、以下の措置を講じることが適当。
ア) 労災保険給付の支給要件非該当性に関する主張を認める。
イ) 労災保険給付の支給要件非該当性が認められた場合には、その労災保険給付が労働保険料に影響しないよう、労働保険料を再決定するなど必要な対応を行う。
ウ) 労災保険給付の支給要件非該当性が認められたとしても、そのことを理由に労災保険給付を取り消すことはしない。

添付資料

 

 

 

 

令和4年12月13日(火)

照会先

労働基準局 労災管理課

労災管理課長補佐 山口

(代表電話)03 (5253) 1111(内線5591)

(直通電話)03 (3502) 6292

 

 

 

 

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ