高所得者の保険料上限引き上げ=後期高齢者制度見直し―厚労省案|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

お知らせ

高所得者の保険料上限引き上げ=後期高齢者制度見直し―厚労省案

お知らせ2022.10.28

厚生労働省は28日、増え続ける高齢者医療費を賄うため、75歳以上の後期高齢者に関する医療制度見直しの素案をまとめた。

 

高所得者の年間保険料の上限引き上げや、人口に応じて保険料負担総額を増やす仕組みの導入が柱で、同日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の部会に提示。同省は、年内に具体案をまとめた上で、来年の通常国会に関連法改正案を提出する方針だ。

 

高齢化の進展により、今後さらに医療費の増加が見込まれる。見直し案は、現役世代の負担抑制を図りつつ、医療制度全体の持続性を高める狙いがある。

 

現在、窓口負担を除く後期高齢者医療費は、現役世代の保険料と公費で9割を負担し、高齢者の保険料負担は1割。高齢者が支払う保険料は収入に応じて増えるが、上限が年間66万円に設定されている。

 

見直し案では、この上限額を引き上げるとともに、高所得者以外の所得層についても保険料負担水準を上げる仕組みを提案。これにより、高齢者の保険料負担総額を増やし、負担比率の引き上げも検討する。

 

時事通信社:

https://medical.jiji.com/news/54710

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ