「雇い止め撤回の要求に回答先送り」理研労組が救済申し立て|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

お知らせ

「雇い止め撤回の要求に回答先送り」理研労組が救済申し立て

お知らせ2022.06.22

2013年4月施行の改正労働契約法で、「無期雇用転換5年ルール」が設けられました。

 

つまり、有期労働契約が5年を超えて更新された場合、 有期契約労働者(契約社員、アルバイトなど)からの申込みにより、期間の定めのない労働契約 (無期労働契約)に転換されるルールのことです。

 

さらに、2014年4月施行で、大学等、研究開発法人等の研究者等については、無期転換申込権発生までの期間(原則)5年を10年とする特例が設けられました。

 

今回の理化学研究所の研究者についても、2023年3月末で10年を迎えることから、その取扱いが注目されています。

 

理研では、2016年、「10年を超える契約はしない」と就業規則を変更し、2013年4月にさかのぼって適用するとしていますが、その有効性も問題となるでしょう。

 

東京都労働委員会がどのような対応をするのか、今後の成り行きが注視されます。

 

 

https://www.asahi.com/articles/ASQ6N766CQ6NULBH005.html

 

 

 

 

 

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ