困窮世帯に最大30万円 政府、コロナ長期化で新支援金|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

お知らせ

困窮世帯に最大30万円 政府、コロナ長期化で新支援金

お知らせ2021.05.26

生活保護に近い水準の生活困窮世帯で預貯金が100万円以下などの要件を満たす場合、3カ月間で最大30万円を給付する新たな支援金制度を創設する検討に入りました。

 

新たな支援金は世帯単位で給付し、単身なら月6万円、2人なら同8万円、3人以上なら同10万円とする方向とのこと。

 

7月以降に3カ月間で、約20万人の利用を見込んでおり、総額約500億円

 

.

収入が東京23区内なら3人世帯で月24.1万円以下、預貯金が100万円以下といった要件

 

持ち家の世帯も対象、生活保護世帯は対象外

 

.

政府は新型コロナで生活に困窮する世帯を対象にした緊急小口資金を拡充し、貸し付けた件数は100万件を大きく上回りますが、既存の支援制度を使い切ってしまった人が出てきていることから短期の生活費を新たに支援し、就労までの期間を穴埋めするのが目的です。

 

.

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA256WB0V20C21A5000000/?unlock=1

 

 

 

 

 

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ