日中社会保障協定が9月1日発効|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

お知らせ

日中社会保障協定が9月1日発効

お知らせ2019.05.24

昨年5月9日に東京で署名が行われた日中社会保障協定が、9月1日から発効することとなりました。これにより、それぞれ相手国に5年以内の期間を予定して派遣される者は、原則として派遣元国の年金制度にのみ加入することとなります。
社会保障制度の二重加入や年金保険料の掛捨て防止などを目的として締結される社会保障協定は、すでに18カ国との間で発効済みとなっており、イタリア、スロバキア(2019年7月1日発効)、中国の3カ国について署名済み未発効となっていました。
対象となる社会保障制度はそれぞれで異なり、日中社会保障協定においては、年金保険料の二重払い防止に限られるため、労災保険、雇用保険、健康保険、介護保険については協定の対象外となります。

.

詳細については、下記リンク先でご確認ください。
.

  • 日中社会保障協定 二重加入 金保険料の掛捨て防止
.
日・中社会保障協定の発効について
https://www.mhlw.go.jp/stf/pressrelease_nenkink20190516.html

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ