平成31年度の雇用保険料率は30年度と同率に据え置かれます|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

お知らせ

平成31年度の雇用保険料率は30年度と同率に据え置かれます

お知らせ2019.03.08

平成31年度雇用保険料率30年度と同率に据え置かれることが告示されました(平31.3.4厚労告53)。31年度の雇用保険料率は現行と変わらず、以下の通りとなります。

.

・失業等給付の保険料率は、労働者負担・事業主負担ともに引き続き3/1,000(農林水産・清酒製造の事業及び建設の事業は4/1,000)
・雇用保険二事業の保険料率(事業主のみ負担)も、引き続き3/1,000(建設の事業は4/1,000)

.

これにより、平成31年度の雇用保険料率の合計はそれぞれ、般の事業0.9%、農林水産・清酒製造の事業1.1%、建設の事業1.2%のままとなります。
.

 

  • 平成31年度 雇用保険料率
.
平成31年度の雇用保険料率について
https://www.mhlw.go.jp/content/000484772.pdf

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ