厚生労働省から新36協定の作成支援ツールが公開されています|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

新着情報

厚生労働省から新36協定の作成支援ツールが公開されています

新着情報2019.03.07

.
厚生労働省から、4月1日から施行される改正労働基準法に対応した新36協定の作成支援ツールが公開されています。
作成支援ツールでは、入力フォームから必要項目を入力・印刷することで、労働基準監督署に届出が可能な次の4種類の書面を作成することができます。
.
〇時間外労働・休日労働に関する協定届(36協定届)
〇1年単位の変形労働時間制に関する書面
 ・協定届
 ・労使協定書
 ・労働日等を定めたカレンダー
.
ユーザーとして登録しておくと、36協定届、1年単位の変形労働時間制に関する書面の入力データを保存し、過去に登録したデータを呼び出して書き換えることもできます
また、中小企業のうち、2024年3月31日まで上限規制が適用猶予される事業場・労働者(建設業、鹿児島・沖縄の砂糖製造業、自動車運転者、医療に従事する医師)に向けたツールも用意されています。
.
  • 厚生労働省 新36協定 作成支援ツール 時間外労働・休日労働に関する協定届 変形労働時間制
.
厚生労働省「スタートアップ労働条件」トップページ
https://www.startup-roudou.mhlw.go.jp/index.html
作成支援ツール(36協定届、1年単位の変形労働時間制に関する書面)について
https://www.startup-roudou.mhlw.go.jp/support_1.html

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ