雇用保険料率、2段階で引き上げ 法案閣議決定|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

新着情報

雇用保険料率、2段階で引き上げ 法案閣議決定

新着情報2022.02.02

昨年11月26日にご案内していますが、雇用保険料の引き上げを柱とする雇用保険法などの改正案を昨日 閣議決定しました。

 

現在は労使で賃金の計0.9%を負担する保険料率を4~9月は0.95%、10月~2023年3月は1.35%に引き上げ。

 

新型コロナウイルス禍で枯渇した財源を手当てするものです。

 

雇用保険には失業手当などの「失業等給付」(保険料率は労使折半で計0.2%)、「育児休業給付」(同0.4%)、雇用調整助成金などの「雇用保険2事業」(企業のみ0.3%)がありますが、4月から雇用保険2事業の料率を0.35%、10月から失業等給付の料率を0.6%に引き上げ。

 

月収30万円の労働者の場合、負担額は10月以降に600円増えて1500円となります。

 

 

その他の改正点はかきのとおり。

 

・雇用情勢が悪化した場合に一般会計から雇用保険に資金を投入できるルール

・労働者が会社を辞めて起業する場合、失業手当の受給権利がある期間を現在の1年から最大4年まで延長

・インターネットを介して求人情報を提供する求人サイトについて国への届け出を義務づける制度導入

 

 

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA31C8Q0R30C22A1000000/

 

 

 

 

 

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ