年金を月30万円をもらうには、現役時代にどのぐらいの収入が必要?|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

コラム

年金を月30万円をもらうには、現役時代にどのぐらいの収入が必要?

コラム2021.11.05

月額30万円の年金をもらうには、現役時代の年収の目安は1222万円

 

確かに、下記URLの解説の通り、計算上はそうなりますね。

 

但し、年金の計算は加入期間の平均標準報酬額を基に計算されますから、入社時から退職時までの平均年収が1,222万円ということです。

 

現在の厚生年金の標準報酬月額の上限は650(千)円、標準賞与額の上限は賞与1回毎に150万円なので、上記の理論上の数値になることは極めて稀であると思われます。

 

.

平均的な生涯年収は約2.7億円といわれていますから、40年間働くとすれば、平均年収は約675万円

.

上の例と同様の計算をすると、老齢厚生年金は、

675万円×5.769/1,000×40=約156万円

156万円÷12=13万円/月

老齢基礎年金6万5,000円合わせて月額19万5,000円

.

平均的なサラリーマンは、月額約19万5,000円の年金が受けられるということですね。

 

 

.

https://news.biglobe.ne.jp/trend/1102/aab_211102_4445703909.html

 

 

.

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ