雇用保険のマイナンバー届の様式が変更されました|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

新着情報

雇用保険のマイナンバー届の様式が変更されました

新着情報2019.10.04

10月1日より雇用保険法施行規則の一部が改正され、「個人番号登録・変更届」(様式第10号の2)に、被保険者が外国人の場合の記載欄等が追加されました。
.

具体的には、次の欄が追加されています。

.

7欄 被保険者氏名(ローマ字)
10欄 変更前氏名(フリガナ)
11欄 氏名変更年月日

.

これにより、被保険者が外国人の場合にはローマ字の氏名を、在留カードに記載されている順に記載することとなります。
また、結婚等により氏名に変更があった被保険者は、5欄に新氏名を記載するとともに、10欄・11欄にも記載することとなります。

.

また、この改正により、「教育訓練給付金及び教育訓練支援給付金受給資格確認票」を提出する際にマイナンバーカードを提示すれば、顔写真の添付を省略することができるようになりました。
さらに、「教育訓練給付金支給申請書」・「教育訓練給付金及び教育訓練支援給付金受給資格確認票」に添付することとされていた「雇用保険被保険者証」および「教育訓練給付適用対象期間延長通知書」についても、添付が不要となりました。

.

詳細は、下記リンク先にてご確認ください。
.

 

  • 雇用保険 マイナンバー 個人番号 外国人 氏名変更
.
雇用保険法施行規則の一部を改正する省令案(概要)
https://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000190963
令和元年9月30日厚生労働省令第56号
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/hourei/H191001L0040.pdf

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ