2040年を展望した雇用・年金制度改革の取組みについて|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

新着情報

2040年を展望した雇用・年金制度改革の取組みについて

新着情報2019.06.10

5月29日、厚生労働大臣を本部長とする2040年を展望した社会保障・働き方改革本部は、「2040年を展望した社会保障・働き方改革本部の取りまとめについて」(以下、「とりまとめ」といいます)を公表しました。
.とりまとめでは、今後、就労人口の減少に対応して次の取組みを進めるとしています。
.
① 多様な就労・社会参加の環境整備
② 健康寿命の延伸
③ 医療・福祉サービスの改革による生産性の向上
④ 給付と負担の見直し等による社会保障の持続可能性の確保

.
また、上記の実現に向けて、次のような取組みを進めるとしています。
.

● 70歳までの就業機会の確保
● 就職氷河期世代の方々の活躍の場をさらに広げるための支援
● 副業・兼業の促進
● 中途採用の拡大
● 地域共生・地域の支え合い
● 人生100年時代に向けた年金制度改革

.

詳細は、下記リンク先にてご確認ください。
.

 

  • 多様な就労 健康寿命 社会保障の持続可能性 70歳までの就業機会 副業・兼業の促進 中途採用の拡大
.
第2回2040年を展望した社会保障・働き方改革本部 資料
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000101520_00002.html

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ