「働き方改革関連法」に基づく正社員と派遣労働者・短時間労働者との不合理な待遇格差の禁止に関する省令案・指針案|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

お知らせ

「働き方改革関連法」に基づく正社員と派遣労働者・短時間労働者との不合理な待遇格差の禁止に関する省令案・指針案

お知らせ2018.10.26

働き方改革関連法」に基づく正社員と派遣労働者・短時間労働者との不合理な待遇格差の禁止に関する省令案・指針案が公開されています。

.

省令案では、派遣労働者については、派遣先から派遣元への待遇に関する情報提供の方法や、比較対象労働者の選定方法協定により実現する場合の取扱いについて示しているほか、派遣労働者、短時間労働者とも労働条件明示の方法については、本人が同意した場合にかぎり、FAXや電子メール等による方法を認めることとしています。

.

派遣元に対する指針案では働条件に関する具体的な説明義務の内容派遣先に対する指針案では、セクハラ対策や福利厚生施設の利用についての配慮義務が示されています。

.

事業主が講ずべき短時間労働者の雇用管理の改善等に関する措置等についての指針」の改正案では、常の労働者と短時間・有期雇用労働者の待遇の相違及び理由については、その有無と具体的内容・理由について、資料を活用して口頭で説明することを基本とするとしています。

.

短時間・有期雇用労働者及び派遣労働者に対する不合理な待遇の禁止等に関する指針案」では、「基本的な考え方」として、正社員との不合理な格差を解消を行うに当たって「労使で合意することなく通常の労働者の待遇を引き下げることは、望ましい対応とはいえない」としたうえで、短時間・有期雇用労働者と派遣労働者それぞれについて、本給・賞与・手当・福利厚生・その他についてそれぞれ具体的な処遇の決め方を示しています。このほか、焦点となっていた協定対象派遣労働者についての処遇の決め方についての考え方と具体例を示しています。

.

厚生労働省は11月18日まで意見募集を行い、12月下旬に告示する予定です。.

 

  • 厚生労働省 働き方改革関連法 正社員と派遣労働者・短時間労働者との不合理な待遇格差の禁止 省令案 指針案
.
働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律の一部の施行に伴う厚生労働省関係省令の整備及び経過措置に関する省令(案)の概要
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000179293
派遣元事業主が講ずべき措置に関する指針の一部を改正する件(案)の概要
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000179295
派遣先が講ずべき措置に関する指針の一部を改正する件(案)の概要
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000179297
「事業主が講ずべき短時間労働者の雇用管理の改善等に関する措置等についての指針の一部を改正する件(案)の概要」
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000179299
短時間・有期雇用労働者及び派遣労働者に対する不合理な待遇の禁止等に関する指針(案)の概要
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000179303

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ