社会保険の被保険者適用範囲が拡大。あなたは加入する? 加入のメリット・デメリットは?|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

コラム

社会保険の被保険者適用範囲が拡大。あなたは加入する? 加入のメリット・デメリットは?

コラム2022.07.05

既に何度かご案内していますが、2022年10月から、社会保険の適用範囲が拡大されます。

 

現在は、パートタイマー・アルバイトは、週労働時間がフルタイムの従業員の4分の3以上の従業員だけが適用の対象です。

 

一般の会社は週の所定労働時間は40時間ですから、30時間以上働いているパートタイマー・アルバイトの人が対象となります。

 

 

平成28年(2016年)10月1日から、従業員数が501人以上の会社は、パートタイマー・アルバイトでも、下記4点に該当する場合に社会保険の対象とされました。

 

・所定労働時間が週20時間以上

・月額賃金が8.8万円以上

・勤務期間1年以上の見込み

・学生でないこと

 

 

この「従業員数が501人以上の会社」という部分が、今年 令和4年(2022年)10月1日から従業員数101人以上」と変わり、さらに「勤務期間1年以上の見込み」の部分も「勤務期間2ヶ月以上の見込み」と変更され、社会保険の適用対象が大きく拡大されます。

 

また、令和6年(2024年)10月1日から従業員数51人以上」とさらに適用範囲が拡大されます。

 

 

適用された場合、今まで控除されていなかった社会保険料が控除されることにより、手取り給与が減少します(年間130万円の給与で20万円弱)が、将来の老齢年金が増え、病気やけがで障害状態になった場合、障害厚生年金が給付されますし、万が一、亡くなった場合は、遺族に遺族厚生年金が支給されます。

 

健康保険では、病気や出産のため給与が受けられない場合の休業補償の「傷病手当金」や「出産手当金」が受けられます。

 

 

こうした大きなメリットと共に、社会保険料は会社との折半になるので、現在、国民年金や国民健康保険に加入している人は、保険料が安くなる場合もあります。

 

それでも、どうしても社会保険料を控除されたくない場合は、労働時間を週20時間未満にして、上記の加入条件に該当しないようにするしかないでしょう。

 

 

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/82a9d624896ac09563693ab6e5bd98dae656e867?page=1

 

 

 

 

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ