新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金Q&Aが更新されています|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

助成金情報

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金Q&Aが更新されています

助成金情報2020.08.24

8月21日、厚生労働省新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金Q&Aを更新しました。

.

変更があったのは「2.対象労働者、対象事業主」で、下記の12-2が追加されています。

.

12-2 事業主が労災保険の成立(加入)手続をしていません。支援金・給付金の申請ができないのでしょうか。【新規】
→ 支援金・給付金の申請を行うことは可能です。

.

農林水産の一部の事業を除き、労働者(パートタイマー、アルバイトを含む)を一人でも雇用していれば、業種・規模の如何を問わず労働保険の適用事業となり、事業主は成立(加入)手続を行う必要があります。
支援金・給付金の申請を受理した場合、労働局における審査過程において、②12-1のとおり、労災保険の手続きをとっていない事業主に対して確認を求めます。その上で、手続きの勧奨・指導等を行い、成立手続が完了した場合は支給対象となります。この場合、申請から支給までに時間を要しますので予めご承知おきください。
なお、成立(加入)手続を取らない事業主に対しては、国の職権により成立手続を行います。

.

詳細は、下記リンク先にてご確認ください。

.

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金Q&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html

 

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ