配偶者居住権新設等相続に関する民法改正案成立|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

お知らせ

配偶者居住権新設等相続に関する民法改正案成立

お知らせ2018.07.10

.
配偶者居住権の新設など、相続制度を約40年ぶりに大幅に見直す民法等改正案民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律案)が、6日の参院本会議に付され、成立しました。
.

改正案では、故人の配偶者が所有権を持たずに自宅に住み続けられる「配偶者居住権」が新たに設けられました。
また、婚姻期間が20年以上の夫婦で、配偶者が自宅の生前贈与を受けている場合は、その自宅を遺産分割の対象から除外する規定も盛り込まれています。
いずれも、故人の配偶者が住まいと生活資金を確保しやすくするための方策です。
このほか、相続の権利がない親族が故人の介護などに尽力していた場合には、相続人に金銭を求めることができる制度も新設されます。

.

  • 配偶者居住権 相続制度 民法改正案 民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律案 参議院 生前贈与 遺産分割
.
参議院議案情報「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律案」
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/196/meisai/m196080196058.htm
「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律案要綱」
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_0021299999.html
「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律」法律案
http://www.moj.go.jp/content/001253488.pdf

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ