まもなく改正法が施行! 企業が「障害者雇用比率の改善」のために取り組んだ内容とは?|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

お知らせ

まもなく改正法が施行! 企業が「障害者雇用比率の改善」のために取り組んだ内容とは?

お知らせ2018.02.02

.

株式会社マイナビより「マイナビ企業人材ニーズ調査」の結果が発表されました(1/25)。

.

◆「マイナビ企業人材ニーズ調査」
https://www.mynavi.jp/news/2018/01/post_16436.html

.

この調査は、国内企業を対象に新卒・中途・契約社員などの採用ニーズについて調査を行うもので、今回は障害者雇用に関する調査も行われましたが「障害者雇用比率の改善のために取り組んだ内容」(複数回答)は以下の通りとなりました。

.

(1)障害者採用に関する情報の掲出(42.3%)
(2)専門の合同企業説明会や面接会への参加(35.4%)
(3)採用人数を増やした(採用をした)(33.6%)
(4)情報収集(30.7%)
(5)障害者雇用サポート企業の活用(18.6%)

.

 今年4月からの「改正障害者雇用促進法」の施行(法定雇用率の引上げ)を見据え、今後、各企業がどのように動くのかが注目されます。

.
【参考リンク】
平成28年4月(一部公布日又は平成30年4月)より、改正障害者雇用促進法が施行されました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/shougaishakoyou/shougaisha_h25/in
障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律の概要
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000121387.pdf

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ