平成30年4月から民間企業における障害者の法定雇用率が「2.2%」に引き上げられます!その他に留意すべきポイントは?公開日:2017年07月21日|社会保険労務士をお探しなら岡山県倉敷市にある大島事務所へお任せ下さい。

大島事務所
  • TEL:086-421-2601
  • お問い合わせ

【受付時間】9:00~18:00  
【定休日】土曜・日曜・祝日

》サイトマップはこちら

お知らせ

平成30年4月から民間企業における障害者の法定雇用率が「2.2%」に引き上げられます!その他に留意すべきポイントは?公開日:2017年07月21日

お知らせ2017.07.26

 平成30年4月1日より、「改正障害者雇用促進法」の施行に伴い障害者の法定雇用率が引き上げられますが、この改正に関して厚生労働省がリーフレットを公開しています。

◆リーフレット
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/20170630press1_1.pdf

民間企業については法定雇用率が現行の「2.0%」から「2.2%」に引き上げられるほか、以下の点に留意が必要です。

【留意点①】対象となる事業主の範囲が、従業員45.5人以上に広がります。
【留意点②】平成33年4月までには、更に0.1%引き上げとなります。

なお、本改正に関して『月刊ビジネスガイド』2017年9月号(8/10発売)では関連記事(仮タイトル: 働く障害者のための労働組合書記長が語る! 改正法施行前に押さえておきたい『精神障害者』の雇用に関する知識と必要な準備)を掲載する予定です。

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

ページトップへ